プロミスのカードレスなら家族にバレない借り入れができる

プロミスのカードレスなら家族にバレない借り入れができる

家族にバレずに申込み

リスト 【プロミス】無人契約機に行かなくても大丈夫!
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
プロミス急ぎ借り入れ
プロミス公式ページ
http://cyber.promise.co.jp/


プロミスの店舗を利用する方法のメリットとしては、返済するときの金額や返済期間など借金に関する分からないことを担当者に聞いて解決しやすい点があります。更にカードや契約書を直接受けとるので家族にバレにくいです。

ただ、スピーディーに借りたいときにおいてはインターネットから申し込んで借りるという方法が店舗に行く必要がなく手軽に申し込むことができるため便利なこともあります。インターネットから申し込むメリットとしては、いつでも申し込みができる点にあります。現在ではスマートフォンの普及にともないプロミスのアプリケーションもあり、自分の借りたお金の金額や月々の支払額などがいつでもスマートフォンなどから把握できるメリットもあります。

また、無人契約機を利用して借りる方法も一般的です。こちらも人の目を気にせず借りられやすいことがメリットです。 いずれの申し込み方法も借りるときには審査があることを留意します。審査で問題がなければ即日融資も可能です。

>>【プロミス】★来店不要で即日回答★3項目で3秒診断を試してみる!

プロミス無人契約機検索
※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます
プロミスカードローンの限度額

プロミスカードローンを利用する場合には、限度額の範囲内で利用することになります。限度額の範囲内であれば、何度でも借りることができます。しかし、最低一か月に一回は、一人一人利用額に応じた額の返済が必要になってきます。

プロミスカードローンの限度額というのは変更することが可能になっています。増額を希望する場合には、審査が必要になるので注意が必要です。最近では、自由に利用可能なリボルビングシステムもあります。

リボルビングシステムで、限度額が40万円、すでに利用しているのが20万円の場合は残り20万円を利用することができます。そこから、10万円を返すと、利用額は30万円になります。そして、さらに25万円をキャッシングすると、残りの利用可能額は5万円になります。

限度額をいくらにするかによって、違ってきます。あまり無理をしないで返せる程度に設定しておかないと、後々とても大変なことになってしまうので注意が必要です。

キャッシングを選ぶ基準とATMでの返済

キャッシングを選ぶ時には、返済方法などは意外と大きなポイントになります。とりわけATMでの返済ができるか否かで、商品を選ぶ方々も珍しくありません。 そもそもこの融資商品は、サラリーマンの方々が利用しているケースが大変多いです。主婦や学生などもその商品で借りているケースも目立ちますが、どちらかと言えばサラリーマンが多いのが特徴的です。

ところで金融会社によって、返す方法が異なっている傾向があります。それが前述のATMの利用可否になります。 金融会社によっては、各コンビニなどでのATM機器で返済をする事ができるのです。その利便性はとても高いです。サラリーマンの方などはATMを利用する機会も多いので、それで返済手続きができる方が、利用しやすい一面があります。

しかし中小規模の金融業者によるキャッシングの場合は、ATMでの返済が難しいこともあります。あくまでも業者の実店舗でないと、返済が困難なケースも見られる訳です。サラリーマンにとっては、その利便性は少々低いとも言える訳ですね。 つまり「ATMで返すことができるか否か」は、キャッシングの業者を選ぶポイントの1つになり得るでしょう。大手の銀行などは、ATMでの返済が可能な事が多いですね。

利息は利息制限法で上限が決められている

貸金業者のキャッシング 利息は利息制限法により上限が決まっています。 利息制限法では借入金額が10万円未満で年20%、借入金額10万円以上100万円未満で年18%、借入金額100万円以上で年15%までとなっています。 どれだけ高くても年20%までなので、グレーゾーン金利で貸付されていた以前のような高金利ではなくなりました。

中堅の貸金業者では最大年20%ですが大手貸金業者では最大年18%ほどに設定されています。 キャッシング 利息は日割計算ですのでご利用日数が少ないほど支払する利息が少なくなります。 逆にご利用日数が増えるほど多くなりますのでなるべく早期に完済したいところです。 キャッシングの返済方式は残高スライドリボルビング返済方式と言うものが導入されていることが多いです。

この返済方式では借入残高によって毎月の約定返済額が変わる仕組みになっており追加借入しやすいのが特徴です。 毎月最少の返済額で良いのですがご利用日数が増えやすいです。 毎月の約定返済に加えて追加返済を行うとご利用日数を減らすことが可能です。 貸金業者にもよりますが追加返済はインターネット、全国の金融機関の提携ATM、コンビニ提携ATMなどで行えます。 提携ATMの利用手数料がかかる貸金業者もありますので事前に確認しておいて下さい。

学生のキャッシングの流れ

学生さんで学費を自分で支払っている、急な出費で生活費が足りない、欲しいものがたくさんある、たくさん遊びたいなどの理由からキャッシングを希望される方は少なくないのではないでしょうか。カードローンなどを利用すれば、バイトなどで収入がある場合には学生さんもキャッシングができないわけではありません。

しかし実際のキャッシングに至るまでにはいくつかのステップがあります。それらをクリアして初めてキャッシングができるようになるのです。学生さんがキャッシングに至るまでの流れをこれから解説していきますので、今後キャッシングの予定がありそうな学生さんはどうぞ一読してください。

まず知っておいて欲しいのが、カードローンには色々なものがあるということです。利息が違えば限度額も違いますし、利息無料期間があったりサービス内容にも差があります。それらをしっかりと見比べて、自分の希望を満たすものを選びとってください。では具体的な流れに入っていきたいと思います。

まずは申し込みです。複数の申し込み方法がありますが、やはりネット申し込みが気軽で人気があります。カードローンによっては多少順番などが変わることもありますが、基本は必要事項の記入や入力、仮審査、本人確認書類の提出、本審査に通ればバイト先など職場への在籍確認、最後にカード発行か振り込みで融資という流れになります。